■ フリースペース ■

生まれも育ちも高知の生粋の高知県民の*ωаka*さまが、うんと和む高知での色々な出来事を書きゆうぜよ。 たまに、県外もあるけんど。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真だけ一気にアップします

ナヴォーナ広場
昔は陸上のトラックだったとこ

近くにはお洒落なカフェや雑貨屋さんがあるよ。

サンピエトロ(正面)
とにかくすごかった。


中もピカピカで。



時間かけて頂上まで登ったよ。
ローマ市内が一望できた。


横にあるヴァチカン郵便局
日本に手紙だしたよ。うへへ。


ローマの休日のスペイン広場
人がいっぱいで、オードリーヘップバーン気分にもならずすぐ去った。
広場付近は買い物街でブランドショップ、
カフェ、雑貨屋、、、
たくさんあってウィンドウショッピング♪
も楽しかった。


夜のライトアップされたコロッセオ
神秘的。


お昼ゆっくりまわったセオ。






トレビの泉
小銭なかったから、azu様にもらった。
だから、何枚なげたか覚えてないー(笑)


そんなとこ。
スポンサーサイト
4日目は市バスに乗って
カンポ・デ・フィオ—リの朝市へ

まずは、ブランチ

二日目のナポリ、三日目のカプリは
ご飯付きのツアーを申し込んだき、
想像通り味は…

やっと、イタリアにきて
『おいしぃ~
と思ったのがこれだ

123



広場の横にあるお店で購入

もちろん、お供はcola!
食べかけやけど(笑)

BIGsizeのパニーノやけったけど、
バクバクいけた

ほんとBuono!でした

朝市の様子

次の日は青の洞窟があるカプリ島へ

ローマから3時間ちょいでナポリの港へ
そこから、舟で50分でカプリ島

海はきれいで、リゾート地って感じで
町並みも素敵す

そして、さらに中型のボートに乗りかえて


乗ること10~20分?


青の洞窟入口へ


入口小っちゃ
1mぐらいしかなくて波が高いと
ここまできて断念せんといかんという
一か八かで入れる洞窟
(事前にダメか入れるかわからない)


そして、待つこと30分?

海の上で小型の手こぎボートへ乗り換え

ぽっちゃりおばさんは、海に落ちまいと
必至に乗り移ろうとするが…
オマタが裂けそうになるという大惨事(笑)

船頭さん入れて5人乗りで、熟年夫婦も
カップル乗りして座らんといかんき、
えい感じー

いざ、我々もインします。

そして、教えてもらった
『入ったらすぐ振り返って下さい。』
『太陽の光りが入るとことによって青く光ってきれいなんです』
の通り暫時振り替えると♪



きれいす。

めっちゃきれいす。

けど、入口付近以外は真っ暗で、
フラッシュたいたら、いかんもんが
写ったような写真が撮れた

とかなんとか…
ごぶさたーーん

azu様とイタリアへ  
CIMG5529.jpg

初めて海外の航空会社の飛行機
フィンランド航空
日本の航空会社より綺麗やし日本人のCAさんもおったし
ご飯も充実して良かった
CIMG5532.jpg



まずは、私が行きたかった念願のポンペイ

CIMG5546.jpg

昔ドキュメント番組(ポンペイの町を再現したドラマ仕立ての)
を見てずっと行きたかった
<ポンペイについてはwikiって>

本当にすごかった
CIMG5562.jpg

CIMG5571.jpg



日本人はこの頃何をしよった
ってぐらい、この時代からすでに商業が盛んで、
町並みは2F自宅兼1Fお店という家ばかり

パン屋さんの釜
CIMG5603.jpg

今でいう居酒屋さん(しかも立ち飲みw)
CIMG5604.jpg

この看板の絵から想像されるお店です
(その番組でもこっちの話題が豊富で、こっちもお盛んやったがやおね)
CIMG5609.jpg

どれも感動もんやったけど、残念だったのが
火山灰と礫に埋もれた人は腐って分解されて、そこが空洞になって残っちゅうがやけど
これに石膏を流し込んで人体の形を復元して、最後をここでこんな風に迎えたとか
わかる場所があるみたいやったけど行けなかった。

展示用にあった石膏
CIMG5577.jpg


では、今日はここらで・・・
調べるの大好きwakasama。

最近は家紋からルーツを探るのが
おもしろい。

かもーん。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。